若い世代にも多い症状

規則正しい生活習慣で改善

女性

更年期障害は、閉経が起きる平均年齢の40代後半から50代半ばにかけて、症状が見られることがあります。女性ホルモンが減少することによって、精神的な乱れや不眠などの症状が出てきてしまうのです。しかし、この年代よりも年下の20〜30代の若い世代にも、更年期障害を起こしてしまう人が増えてきました。もともと生理周期が乱れていたり、無月経などの人が、更年期障害と気づかずに症状に悩まされているのです。若い世代は将来のことを考えて、月経を再開させて規則正しい周期にしなければいけません。そのためには、無理なダイエットは止めて、バランスのよい食生活に気を付けることです。また、ストレスをため込まずに上手く解消していき、早寝早起きの習慣が女性ホルモンの働きを活発にしてくれます。このようなことを意識していくだけで、更年期障害の症状を抑えていき、健康的な月経周期も期待できます。

病院での治療

この更年期障害の改善は、自分で気を付けていくことも大事ですが、それでも治まらない場合は、病院で治療が受けられます。妊娠経験のない人は、産婦人科に行くことに苦手意識のある人もいるかもしれません。しかし、産婦人科は妊娠以外の婦人科系にも対応していますし、婦人科なら同じような症状の人が多いので気になることもないでしょう。治療の主な内容は投薬によるもので、これでしばらく様子を見ていく流れとなります。この治療で月経が再開されたり、周期が整ってくると、更年期障害も落ち着いてくるようになります。更年期障害は症状をそのままにしていたら、治りにくくなってしまいます。特にこの世代は不妊になってしまうこともあるので、生活習慣を意識しても改善されなければ、早めに病院で診てもらうことが大切です。