まずは医療機関を受診する

原因をよく知っておく

医者

女性が30代後半になってまず気になってくるのが更年期障害という症状です。女性であれば避けられない更年期ですが、更年期障害とはどういった原因から起こるものなのでしょうか。まず更年期とは閉経前後の5年間になります。閉経の時期も状態も個人個人によって違うため、更年期が始まる年齢もバラバラです。そのため更年期障害を年齢で判断せず、不調を感じた場合はすぐに婦人科を受診するのが良いでしょう。この更年期に起こる不調には、女性ホルモンが深く関わっています。女性ホルモンのエストロゲンは排卵や月経の周期に関係しています。また、女性の感情や自律神経にも関係しているホルモンです。そのエストロゲンは思春期から分泌されはじめて、40歳を過ぎると減り始めます。

自己判断をせずに受診する

そして閉経前後には急激に減少してしまうのです。そのため脳の視床下部から性腺刺激ホルモンに、エストロゲンを分泌するように指示が出されます。しかし、性腺刺激ホルモンは増えるもののエストロゲンは増えません。その指示が繰り返し行われるため、ホルモンのバランスがだんだんと崩れていきます。それに伴い、自律神経も乱れて更年期障害が起こります。更年期障害には、体のほてり、めまい、動悸、息切れなどがあります。また、精神的なイライラや落ち込み、感情が不安定になるなど体と心の不快症状があります。これらの症状があり、いつもと違うと感じた場合は、更年期障害だから仕方ないと自己判断せずに、すぐに医療機関を受診するのが良いでしょう。