まずは医療機関を受診する

医者

更年期障害はどういった原因で起こるものなのでしょうか。まず更年期は閉経前後の5年間です。この時期は女性によって違うため年齢で判断せずに更年期障害の症状を把握し、気になる場合は一度、医療機関を受診するのが良いでしょう。

症状を改善させる方法

支持される理由

医者

年齢を重ねると体に様々な症状が出ますが、更年期障害も中高年世代を悩ませる病気の一つです。更年期はイライラや不安、疲労やだるさ等が現れるため、身体的と精神的ダメージの大きい症状が特徴です。要因には性格や環境も影響を与えますが、リラックスのバランスも乱れるため、常に緊張している状態が続きます。理由も無くイライラしたり常に不安を感じるようになった、息切れや睡眠障害等の症状が現れたら気を付ける必要があります。早めに取り組む事で更年期障害は少しずつ改善できるため、それぞれに適した方法で取り組むと良いです。更年期障害の治療にはホルモン補充療法と漢方があるため、ライフスタイルや用途に合わせて選択肢があります。

取り組む時の注意点

治療を行う上で気を付けたいのは、更年期障害はストレスや変化に弱くデリケートな病気である点です。まじめで几帳面な人ほど更年期障害が重くなりやすく、改善しないとうつ病へ発展する可能性もあります。治療に取り組む場合は更年期障害の状態を見極めて、医療機関や担当医師と相談しながら最適な方法で行うと良いです。ホルモン補充療法は1日1回の飲み薬と2日に一回の貼り薬、皮膚から浸透するジェルの3つの方法があります。不規則な出血やむくみ、乳房や腹部の張りがあるため生理と同じような症状が現れる事があります。漢方は更年期障害にも有効で、長期に渡って治療に用いられる事が多い安全性の高い方法です。ただ体格や更年期障害の症状に応じて処方される漢方が異なるため、長期間の間に何度も再処方する必要があります。

治療増加とおすすめ理由

女性

更年期障害は我慢するよりも治療する人が増えてきている。我慢すればさらに精神的なダメージが大きくなります。治療して緩和していく方法があるからこそ我慢よりも治療して症状緩和させて生活に支障が出ないようにすることがおすすめです。

若い世代にも多い症状

女性

更年期障害は閉経を迎える人だけでなく、若い世代にも辛い症状を訴える人がいます。その原因が、月経の周期が乱れていたり、無月経の状態が続いていることです。生活習慣を見直しても改善されない場合は、産婦人科や婦人科にて治療をしていくことができます。